« May 2006 | Main | July 2006 »

Friday, June 02, 2006

クーリングファンの故障

先日、5/31(水)13:30頃の事です。
営業所から本社へ移動の時にそれは起こりました。

この日はかなりの暑さで車内温度計は38度を表示していました。
そんな中、さすがにエアコン嫌いで「窓開け派」の私も我慢できず、
エアコンを入れて渋滞の中を走っていました。
確かにエアコンを入れてはいるのですが、それにしても、
発進時のもたつき感は通常よりも酷く感じました。

しばらくして、信号待ちの為ブレーキを踏み停止した瞬間に
ガガッと右足に嫌な手応えならぬ足応えがありました。
かなりビビって窓を開けてエンジン音なども確かめましたが、
問題なさそうなのでそのまま走行していると、
後付のデフィの水温計の針がみるみる上昇してきました。
連れて油温計の針もジワジワ上昇してきます。
「ゲッ、なんかヤバイぞ」と思うも渋滞の中。どうにも出来ません。
そこで、素人な私はとりあえずエアコンをオフにしてみました。
すると、すこーしづつ水温が下がり始めるじゃありませんか!
とにかく、このままにしておいた方が良いと判断し、
窓開けのみで猛烈な暑さと渋滞の中を汗だくで乗り切りました。

それにしても、エアコン作動時に水温が上昇し、切ると下がるって
これはどういう事なのかしら?どなたかご存知?

サービスに連絡を入れるも、当日はお休み。
仕方が無いので、明日朝一に預けて来ようかと思います。
ちなみに、先程、(エンジンの冷えた状態で)エンジンを始動し、
エアコンを入れてみるとファンが全開で回っていました(笑)。
と、言う事は・・・。これも原因の一つかな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »