Monday, August 14, 2006

neuspeed スウェイバー

25_10_25_9
 12日(土)にイシカワEにて銀さん・ぴろさん・KIYOさん達とぷちオフりました。その際に遂に装着してしまいました。ブツの詳細は「ココ」をクリックして頂くとHPにとびます。
 今回はリアのみ装着で設定は強/弱の2段階あります。とりあえず弱に設定してもらい、合わせてダンパーも16段戻しの柔らか設定にしてみました。装着後のファーストインプレッションは、車がガッチリして剛性感が増したように感じました。その後、激しい運転はしていないので詳しいコメントは後日にします。


「フロントも行くしかないでしょう」という方は⇒人気blogランキングへ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Monday, February 20, 2006

オーリンズ純正形状②

 19日(日)は嫁さんの友人の出産祝いに岩槻まで行き、帰宅後、夜にドライブで自宅→横浜→お台場→自宅と走ってきました。

 まず岩槻の往復は「3戻し」にセット。これは結構固かった。自分もそうだけど、嫁もビックリするくらい固い。特に一般道での走行には全くもって向いていませんでした。ガッタンガタガッツンガツとドリンクホルダーのコーヒーがこぼれ出すくらいです。しかし、高速道路に乗ると少し事情が変わってきます。一般道で感じたシビアな突き上げ感は感じなくなります。きっとフラットな路面だったらいい感じなのだろうなと思いました。

 夜のドライブは「17戻し」にセット。「3戻し」との差がある為か、嫁ですら乗った瞬間に「全然違うっ!」と言ったほどです。首都高速の継ぎ目や多少の凸凹は軽くいなしていきます。まさにしなやかなと言う形容がぴったりです。これには嫁さんも「さすぺんしょん変えた甲斐があったね」と太鼓判を押してくれました(笑)。

 ショップの方の話だと、減衰力を固くした状態よりも緩い状態の方が、所謂ヘタらないらしいので普段は緩々にしておいて、いざって時にガチッと固くしようと思います。

「いざって時ってどんな時だよっ!」って方は⇒人気blogランキングへ

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Monday, February 13, 2006

オーリンズ純正形状①

 足回り⑧からの続きです。本日、前後とも10段戻しで乗っています。通勤なので、朝ののろのろ渋滞のストップ&ゴーの繰り返しですが、乗り心地はとてもマイルドかつしなやかです。もうちょい速度が上がるとどうなのだろう?


忘れてました⇒人気blogランキングへ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, February 12, 2006

足回り⑧のつづき

 その電話はキング(チャンプとも言う)ぴろ様からでした。

ぴ「足換えたんすよねぇー、どーでしたぁ?」
な「えっ、いや、まだ馴らし中でそんなにはわかんないすけど、なかな
  か良さげっすよ」
ぴ「ふ~ん、じゃ、今夜中に馴らし終わらしちゃいましょっか。23:00
  に箱崎パーキングエリアで待ってますから、じゃっ。」
な「えっ、ちょっ、ちょっと待っ・・・ガチャリ!」

な「えっ、えーとぴろちゃんから召集かかったんで、今から行っても良
  いですかねぇ?」
嫁「はぁ?またぁ?今からぁ?・・・、折角早い時間から家に居るのに
  ぃ?」
な「新しいサスの馴らしを手伝ってくれるって言うから・・・」
嫁「行きたいんなら行けばっ!」
な「すまん」
出かけ際にボソリと「このホモ野郎」という声が聞こえた。

 しかし、さすがはキング(チャンプとも言う)です。敵情視察にも余念がありません。キングであり続ける事の大変さを改めて感じた次第です(「おまえなんか眼中ねぇんだよ」と言う声が聞こえてきそうですが・・・汗)。

 箱崎でぴろ様と合流すると、まずは15段戻しで首都高を循環し馴らしを終え、その後4段戻しで再び循環しました。無論、ぴろ様にもそれぞれで乗り比べて頂きました。ぴろ様は「4段戻しでも全然いいねぇ、むしろ15段戻しよりバネとの相性が良いんじゃないかなぁ」なんて鋭い指摘をされると共に、「なべさんにしちゃぁ、珍しく良い買い物っすねぇ」と辛辣な言葉も添えてらっしゃいました。確かに、低速域では15段戻しの乗り心地は良いのですが、それなりの速度域になると、ある程度の減衰力の強さがないとバネとの相性がチグハグする様な気もしました。

 結局、夜中の3:00過ぎまでアレコレ試してみながら走り回っていました。この日は覆面&パンダがとても多くてビクビクしてしまいました。足に関しては、もう少しいろいろと試してみてから次回のインプレを書こうと思います。

 夜中まで付き合ってくれたぴろちゃんには感謝してます。多少(大分?)、脚色も含めた描写(笑)は気にしないで下さい。


「ぴろさんて感じ悪いねぇ」と思った方は⇒人気blogランキングへ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Saturday, February 11, 2006

足回り⑧

DSCF6159
 10日に「UNO PER UNO(by CARROZZERIA JAPAN)」に愛機を引取りに行って来ました。

 着くなり簡単な説明を受けて、「まずは乗ってみて下さい」という事で試乗(?)しました。最初は、減衰力20段階の所謂15段戻しで近所を周回、その後5段戻しで同じく周回しました。ちなみに、20段階の減衰力は一番締めこんだ20段が一番(減衰力が)硬く、そこから戻していけばいく程(減衰力が)緩くなっていきます。

 さて、15段戻しの印象は以前と比べるとしなやかな感じがします。低速で走っている限り路面の小さなアンジュレーションも軽くいなしていきます。瞬間「おぉー、これなら嫁も満足!」と思ったくらいです。その後の5段戻しでは、別の意味で「おぉー!」ってくらい硬い足になってました。とは言っても、感覚的には純正ビルシュタインに近い感じです。

DSCF6161
 ショップの方の話によるとR32のバネレートは平均値でフロントが約5キロ、リアが約6キロだそうです。「ディーラーものとしては結構硬いですね、これだけ硬いと減衰力だけでの乗り心地の改善は難しいと思います。」と言われました。まぁ、乗り心地はそんなに重視していないので私には関係無いのですがね。1000キロ程走行したら再度アライメントのチェックをしてくれるそうです。

 帰り際、ショップの方に「走行100キロくらいは馴らし(時速100キロ以内で走行)て下さい。」と言われたので、何日か辛抱かなぁーと思い家でモヤモヤしていると、22:00くらいに一本の電話が・・・。


時間が無くなったので後程⇒人気blogランキングへ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, February 08, 2006

足回り⑦

 車検&修理から戻って早々ですが、7日(火)に車を「UNO PER UNO(by CARROZZERIA JAPAN)」へ預けてきました。仕上がりは10日以降です。11日(土)にでも取りに行く予定です。幸いな事に、先々週・先週に引き続き、明日から関西出張です。どーせ車には乗れないので、ヤキモキが少しは和らぎます(笑)。


「11日にショップまで乗せて行ってあげるよ」という方は⇒⇒人気blogランキングへ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Monday, December 26, 2005

タイア交換

fig_neova_01
 昨日(25日)、まずはタイア交換を「KALPA」で済ませました。前回同様、今回も「ADVAN Neova AD07」です。もちろん他メーカーのものも検討しました。BS、DUNLOP、MICHELIN、などなど。でも、なんだかんだ言ってもこのタイア、昨年の10月に装着してから約1年3ヶ月、距離にして約25,000㌔は良くもったのではないかな。しかも、雨天走行にもそんなに気を使わなくて済むのも良い所です。そして、一番の決め手はコストパフォーマンスですかね。

 装着後は軽~く剥き剥きしてきました。交換前と比べると、突き上げ感が軽減され、グリップも向上しハンドリングも改善されました。これにサス一式とブッシュ類が一新されればと思うと・・・、それまでタイアが減らさない様な走行を心掛けよう・・・と思ふ(笑)。


「タイアよりもタイヤの方が言い易い」という方は⇒人気blogランキングへ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Wednesday, December 21, 2005

足回り⑥

2fc
 18日(日)に再び「UNO PER UNO(by CARROZZERIA JAPAN)」に行って来ました。で、遂にオーダーを出してきました!ブツが出来上がるのは1月中旬~後半だそうです。1月末にはリフレッシュした足回りで生まれ変わります。勿論、ブツはオーリンズの純正形状タイプです。フロントのみ倒立式になります。減衰力の要望はこんな風にオーダーしました。

「街乗りのことは一切考えなくて良いです。ワインディング、峠、サーキット、で走れる仕様が希望です(厳密にはすべて違う環境なんだけど・・・笑)。キモは路面への追従性でお願いします。」

 さて、素人的発想のこんな注文の仕方で、一体どんな仕様に仕上がってくるのでしょうか?楽しみです。

 今回は、結局オーリンズの純正形状を選択した訳だけど、コイツを選択した理由は以下の通り。
①金銭的な理由
②純正形状(純正バネ流用)
理由②については前回も記述したので省略。理由①は結構厳しいものがあります。と言うのも、この12月~1月は車に凄くお金がかかります。
Ⅰ)タイア交換(NEOVA AD07) 約95,000円
Ⅱ)1回目車検(消耗品含む)  約180,000円
Ⅲ)メーカー延長保証(1年)   約40,000円
Ⅳ)月払いローン(2回分)    約60,000円
Ⅴ)ボーナス払い         約150,000円
Ⅵ)サス交換(消耗品含む)   約250,000円
Ⅶ)オイル交換           約18,000円
で締めて、約800,000円ッ!ヒョエェー、高けぇー!これで車高調なんぞにした日には+100,000円は見なければなりません。う~ん、こんな金額を嫁には見せられませんなぁー。


「頑張って働け」と言う方は⇒人気blogランキングへ

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Tuesday, December 13, 2005

足回り⑤

ohlins_tt
 オーリンズ純正形状の装着者(車)が、また一人増えましたね。あぁ、うらやますぃー。画像は『ネバラン』HPより拝借致しましたが、写っているのはてらてら号の脚でしょう。コメント聞きたいなぁ~。

ohlins_tt_3
ohlins_tt_2


はよ換えればっ!って思ったら⇒人気blogランキングへ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, November 29, 2005

足回り④の続き

1fb
 この「UNO PER UNO(by CARROZZERIA JAPAN)」では4輪アライメントテスターなども完備し、OHもここで出来てしまうようです。OHにかかる期間は約1週間くらいだそうです。こまめなメンテナンスが必要な足回りだけに、家から近い(約30分)のは魅力的です。また、スタッフの方も懇切丁寧に対応して頂けたので、その辺もGOODでした。

1fa
 今回いろいろと相談したのは、バネは純正を利用してダンパーのみを交換するのか、車高調タイプのものに交換するのか、というのがポイントでした。結論から言うと、スタッフの方の意見は純正バネを利用するというものでした。理由は、①街乗りメインなのであれば純正形状タイプでも十分、②車高調にすると乗り心地がかなり悪くなる、③現状R32対応の車高調タイプが無く、作成するとなればそれなりの金額がかかる、④純正形状の方がストロークが多く取れる分、峠やワインディングや滑りやすい路面などでの追従性が良く、そういった状況下でのタイムや安全性には優れている、という4点でした。

 ちなみに、純正形状の場合はフロントは倒立式、リアは正立式になるそうです。

 う~ん、悩むところです。シャコーチョーにも憧れますが、現実的(金銭的)には純正形状かなぁ?アラゴスタもオーリンズもシャコーチョーにすると30万台後半(約40万)なんだよねぇ~。併せてタイアも交換しなければならない状況下では、選択肢は限られてきます。この1ヶ月以内には決めなければ・・・。


「思い切ってシャコーチョーに逝け!」という方は⇒人気blogランキングへ

| | Comments (11) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧